抗がん剤治療


がんの治療法の1つとして薬物療法があります。こちらは抗がん剤を用いて治療をするという方法です。副作用が出る可能性が高いため、それにしっかりと対処しなければいけません。

抗がん剤抗がん剤を用いることによって、がん細胞が増えてしまうのを抑えることを期待して行われる方法です。抗がん剤の効果によって、がんの成長を遅らせたり、再発や転移を防ぐことができるのです。たとえば小さながんが転移している可能性のあるところを治療するために用いられることもあります。

抗がん剤はより幅広い部分に対して治療の効果が期待できる方法となっています。そのため、転移を予防したいときに効果があるとされています。他の治療方法と組み合わせて行われることもあります。また、複数の薬剤を組み合わせるケースもあるでしょう。それによってさらに効果を高めることができるのです。

また、抗がん剤治療についても複数の種類に分類することができます。化学療法やホルモン療法、分子標的治療といったものです。飲み薬が使われる場合と、点滴や注射が行われる場合もあります。

それぞれの状況に合わせて適切な薬剤と適切な投与方法が採用されるでしょう。医師とよく相談をして、副作用についても考慮した上で行われます。